郵便 局 土曜日 配達。

日曜日と祝日は「休日」と記してあります 日本郵便が決めている、配達のない日として1月2日が定められているためです
土曜日にポスト投函やゆうゆう窓口で出した 郵便物は日曜は配達されず、月曜が祝日なら火曜日以降の到着になります お急ぎなら、レターパック等の急ぎ扱いされる方法を利用します
」 そんな時には、速達や書留などのオプションを付けたり、その他、日・祝日にも配達される郵便送サービスを利用しましょう 郵便物の配達状況をマスターすれば、相手に届くまでの目安もつけやすくなりますよ
書留または保険付 とした通常郵便物• 配達日指定を利用した際の送料は、通常の郵便料金に下記の配達日指定料をプラスして算出されます この体制には深夜勤務(夕方から朝、または夜から朝)が不可欠ですが昼勤務に比較すると人が集まりません
尚、速達や他の郵便サービスについては、後ほど詳しくご説明しますね また、1月1日など元日は祝日でも手紙、はがき類を 例外として配達してくれますが、基本的には日曜日、祝日については、 配達がないという事になります
配達日指定郵便 『』は、日・祝日を含め、差出人が指定した日に郵便物を配達してもらえるサービスです 郵便局は土日も配達して受取人に届くの? 郵便局では土曜の配達については平日と同じような 扱いで配達される事になっています
月曜日~金曜日は「平日」と記してあります 日曜と祝日については急ぎ扱いになっている郵便物と 代引、速達、書留などを追加した手紙、はがき、郵便物が届きます
休日を除きます。 配達するべき年賀郵便の到着がない家庭が多いため結果的に1月3日に配達されることが 少なくなっています。 一方、他の配送企業にとっては懸念材料となりますが、これを機に物流問題の新たな改革のきっかけになればとも思います。 ポストでの回収も土曜日の最終集荷のタイミングで回収されると 速達なら翌日には相手に届くことになるでしょう。 また、これにあわせて速達の需要が増えると見込んで、速達の料金をことし10月に1割程度、引き下げるということです。 勤務員については休日同様の人数でよくなり、現在の慢性的な人手不足と休みをなくして働いている状態の軽減になり、 赤字が押さえられことから将来的な値上げを押さえられる、のではないかという検討 (全国同様な体制のユニバーサル業務の継続には経費がかかります) 2021年4月現在の平日(土曜)と日曜祝日の配達の有無 2つめは現在の翌日配達体制・翌々日配達体制(以下、「翌日配達」と呼称)を変更するというもの。
例えば現在おおむね17時までの差し出しで翌日配達の地域宛、引受日が月曜日の場合、配達曜日は現在は火曜日としているが、見直し後は水曜日となる。 つまり、普通郵便に関しては、土曜日までは配達されますが、 日曜日と祝日は配達が休止されているのです。 特定記録とするものを含む。 月曜~土曜の日が祝日の場合には「祝日」としての 扱いが優先されるので「急ぎ扱い」のものだけが配達される事になります。 ぜひ、参考にしてください。 私信、ビジネス郵便ともに、従来の郵便に求められていたニーズが変化しており、また、週休2日制の定着などもあり、土曜日の配達は相対的な重要度が低下しているものと考えられる。 発送するタイミングが遅くなるという事は 到着するのも遅くなってしまうということです。 実は、 総務省により、郵便制度が見直され、普通扱い郵便物の土曜日の配達中止が検討されているのです。 窓口で出そうとすると、中身を確認していいですか?と言われたりします。
90