物語セカンドシーズン 設定6。

初代の出玉性能を色濃く受け継いだサミーの6号機『 パチスロ<物語>シリーズ セカンドシーズン』が3月16日、ファン待望のホールデビューを果たした。 詳細はを参照。 設定6のATでは、引きの問題かもしれませんが、ほとんど倍倍チャンスには入らない感覚です。 2k件のビュー• 試行回数が少ないので、何とも言えないのですが、他の台ではあまり直撃が見られなかったので、参考程度にしておいてください。 また有利区間移行時は内部的に30G以上の天井減算高確率状態となっており さらにこの間は100Gの減算率がアップしている。 偶数は順目が多く、奇数は逆順目が多くなる模様。
38

(弱AT、強ATのようなシステムがありそう?) 感想・打感 北斗、エウレカ、リゼロを足して3で割ったような台。

そして3台の実践の中での実践データや、そこから見えてきた未だ解析として発表されてない狙い目や、やめ時を考察し抽出した。

スイカ確率• 記録しながら打っていたりしたため、特にスイカは、明らかに取りこぼしまくっています。

ごくまれに当選する「萌ステージでの強レア役」 あとは「蕩ステージ」に滞在中の倍倍チャンス当選のみでした。

またチャンス周期も存在し、こちらは結末ノ儀当選のチャンスとなる。

キスショットと戦わない確定パターンもある。

上乗せ分を足しても40%台に乗せるのがやっととなり、突破できないことが続いてしまうのです。

6

2021年2月1日• (花はすき?みたいなやつ) 最終演出まで行くと割と厳しいことが多い印象です。

設定6は傾物語の直撃が多い? データを見ると、総傾物語回数17回のうち、3回が傾物語直撃でした。

結果、突破するためには、傾物語での上乗せ部分にかなりの比重が置かれることになります。

117G:結末• キャラ集合1 キャラ集合2 基本画面 高設定示唆 敵キャラ 赤7揃い時に出現で 設定4以上確定! まぁこれなら抽選何番でもいいかな。

分かっているのは、スイカの確率くらいなものです。

傾物語の直撃• 『スロット解析. 確率にすると17. 解析が出る前の方が楽しめる系の台だと思うのでハイエナ期待値やらなんやらが出そろう前に一度打ってみてはいかがでしょうか?解析が出たらやっぱりハイエナゲーでした。

かなり狙える&拾えます。

60