日 月 神 示 コロナ。

神々を見送る「神等去出(からさで)祭」 旧暦の10月18日には拝殿で、各地にお帰りになる神々を見送る 「神等去出(からさで)祭」が行われ、「神在祭」は終わります (上つ巻第三帖)、(地つ巻第十六帖)• 」(月光の巻第四十帖)とそれぞれ述べている
これを聞かされた天明はこの上もなく非常に残念だったと当時の心境を後に語っている その他、天空の異変や気象、季節の異変以外にも神示には 「世界の片端、浜辺からいよいよが起って来たぞ、夜明け近づいたぞ
2021年5月28日 新着• 頬をうたれて下さるなよ 二日んの巻(ジシンの巻)は全19帖その全てが抽象的な絵のみで書記されている
「アメの巻」第十四帖 (書記日、昭和20年)では 「今度の俘虜(とりこ)まだまだぞ、何れ元に帰って来るから、元に帰って又盛り返して来るなれど、またまた繰り返へすぞ 神界には戒律はない
大司教より再三注意されていますが、主日ミサは所属教会のミサのみに参加ください 」( 極め之巻第十六帖)や 「世界の片八四(片端)浜辺からいよいよが始まると知らしてあること近うなりたぞ、くどい様なれどさっぱりと洗濯してくれよ
2021年5月28日 更新• これまでは道はいくらもあったのぢゃが、これからの道は善一筋ざぞ 松の巻第八帖
また「」にも異変が現れ太陽はその色が「く」月は「く」なり、も赤く染まるのだという 「富士の巻」第二十帖で 「臣民ばかりでないぞ、神々様さへ今度は無くなる方あるぞ
先祖霊も大体同様であるぞ 宗教家、思想家
そこで、御神霊の意見を是非うかがって、その返答によっては近衛の殺害も厭わない」と述べ、神霊の御意見を伺うことを天明に促し求めたといわれている [ ] また、霊人と語るのは非常に危険である
47

第二十五巻 白銀の巻(シロガネの巻) (昭和24年 - 昭和25年) (全7帖)• この矢野新は優れた霊能者であり天明から原文を見せられた時に、即座にその重大性を直感、認識し「これは正真正銘の太神様の御真筆ですよ」と顔色を変えて答えたという。

「目覚めたら其の日の生命お預りした事を神に感謝し、其の生命を神の御心のままに弥栄に仕へまつる事に祈れよ。

また、「王星」という表現がされていることから巨大で極めて大きな特徴を持つ天体だと考えられる。

」(至恩之巻第十三帖。

前回の投稿から10日ほど経ちました。

冬に咲いたら気つけて呉れよ。

申、酉すぎて戌の年、亥の年、子の年 目出度けれ。

この度は世界のもとの、三千世界の大道ぞ、教えでないぞ。

37