勘ぐる 意味。

「勘ぐられる」を使った例文・短文 それでは 「勘ぐられる」を使った例文をいくつか紹介します。

(彼は邪推する)」などと表現することもできるでしょう。

下衆の勘繰り(げすのかんぐり)とは、品性が無く心の卑しい者が何事においても余計な邪推を巡らせて、そこに相手の悪意や敵意を疑うということ。

「勘ぐられる」の言葉の使い方 「勘ぐられる」という言葉は、大きく分けて二つの使い方があり、それは 「勘ぐられる」対象となる主に自分が、どういう状態にあるか、によるといえます。

【2,3について】 それは、あなたの考えすぎだと思います。

そのため、自分が何かを疑っている際には使いません。

「疑る」とは「良からぬ事情があるのではと想像する」という意味、「訝る」は「うたがわしく思う・怪しく思う」という意味です。

主語は恐らく他の誰かではなく私(楽曲の主人公)でしょう。

38

これらの呼称が別れた理由はどちらかというとデバイスの違いというより掲示板としてのシステムの差から生まれたのではないでしょうか。

「勘ぐる」(あれこれ気を回して悪い意味に考える)とも掛けているように感じます。

逆に後々考えてみると、自分が誰かのことを勘ぐっていた、という経験がおありの方もいらっしゃるかもしれません。

「邪推」の読み方は「じゃすい」、修飾関係で成り立つ熟語 「邪推」は「じゃすい」と読みます。

男女間のトラブルでも極めて深刻化しやすいものの中に、このような 「勘ぐり」からはじまるトラブルがあります。

69 59