デュエプレ 環境 デッキ。

アストラル・リーフと言えば今までは速攻だったがこのデッキは若干コン寄り。

《アガピトス》は、プレイヤーたちの当初の予想をはるかに超えた活躍を見せた。

堅いように見える守りも、《セブンス》が剥がされると割とザル。

おかげで、早期決着コンボ一辺倒だった環境が、わずかながら低速化した。

デュエマの環境はコロナのせいで変わらないけどデュエプレはいつも元気。

さらに、cipで盤面を制圧しながら出てくる高汎用なフィニッシャー《竜極神》も強力だった。

特徴的なカード• エマージェンシー・タイフーンがS・トリガーで出てくるとアーク・デラセルナが出てくる。

Tier 1 アクアンブラックt タッチ バロム 依然として最強を誇るバロム様。

37
トリガークリーチャー型だとパワーラインが低いため、上手く展開できても全体火力で処理されてしまうかも。 フォーマットはAD。 ガーディアン軸とイニシエート軸が存在し、ブロッカーや除去呪文で盤面を取り切ったらペトローバと進化クリーチャーを絡めて殴りきる。 特徴的なカード• 性質上水は基本アクアンとサーファーのみ。 デュエマプレイス デュエプレ シークレットカードについて デュエプレではカードパックを引くと、稀に『 シークレットカード』というイラスト違いのレアカードが当たる可能性があります。 【テク】• 守りこそ薄いが各種軽量ビーストフォークとアストラル・リーフのドローの噛み合わせが良すぎるゆえ盤面展開力が異常なほどあり、レ・クワキリのカードパワーも相まってブン回れば止められるデッキはほぼいない。 本デッキの影響により純ビート系統のデッキは苦戦を強いられ、特に純速攻系統のデッキは、NewDivision特有のカードプールに制限がかけられているルールの影響もあり、環境から姿を消している。 【ドラグストライク】 概要 《爆竜兵ドラグストライク》で、高コストドラゴンの踏み倒しを狙うデッキ。 SRが強い DMPP-08のSRは、どれも優秀なものばかりだった。 【ゲオアガピ天門】に関して言えば、デッキパワーにさほど影響は無い。
25