戦々恐々 の 意味。

例文:戦々慄々として試験に挑む。

」となります。

・いつ秘密がばれてしまうのかと戦々恐々とする ・最悪の事態を想定して戦々恐々とする ・暑い日にアイスクリームを机の上に放置してしまい、戦々恐々とする ・初めての国外出張に戦々恐々とする 戦々恐々の語尾が「とする」となっており、 今現在、まさに恐怖心やおそれのきもちからびくびくしているさまを表しています。

下記でそれぞれの例文を挙げてみます。

Sponsored Link 戦々恐々の語源を漢字の成り立ちから紐解く 「戦々恐々」という文字を構成する「戦」という漢字は、「先端が両股に分かれている弓」の象形と、「先端部分に刃がつけられている矛」の象形が「いくさ」「たたかい」「おののく」という意味を持つことから「戦」という文字を形成しています。

8
「戦々恐々」は震えあがっておののいている状態や怖くて手を出せないような状況にも使われます 「戦々慄々」は状況や人の態度に使われますが、「小心翼々」は人に対して使うことがほとんどとなります
「意気消沈」や「我田引水」のように、前の二字熟語と後ろの二字熟語が主語・述語の関係や修飾・被修飾の関係であるもの 「戦々恐々」の類語と対義語は? それでは「戦々恐々」の類語と対義語について解説しています
これは目つきの怖い人たちに囲まれているからビクビクしているのではなく、まだまだ未熟な自分に自信がなく、職場での仕事や人間関係に対し不安を募らせているということです Sponsored Link 戦々恐々の品詞表示の形動タルトとは何? 形動タルトとは、タルト型形容動詞という意味です
戦々恐々という言葉が出てきたときに困らないよう、本記事ではその言葉の意味や類語、使い方などを紹介します この2つの象形的な意味から語源を見ていくと、面白いことが見えてきます
余裕綽綽 余裕綽綽 よゆうしゃくしゃく は、ゆったりとして何事が起きても動じない態度や精神状態を指します 言い換えのできる表現はあるのでしょうか? 「戦々恐々」の類語は「戦々慄々」や「小心翼々」 「戦々恐々」の類語は「戦々慄々(せんせんりつりつ、戦戦慄慄とも書く)」や「小心翼々(しょうしんよくよく、または小心翼翼とも書く)」です
」となります 戦々恐々の使い方の例文 戦々恐々は人間の態度や状況など、いろいろな物事に対して使われます
このように萎縮震慄という言葉は、恐怖に怯えて動けない状態を表すことから、戦々恐々の類語であると考えられています 戦々恐々としている ・受験の結果発表をひかえ、クラスメイトは全員戦々恐々としている ・みんなはテスト結果に戦々恐々としている ・仕事上のミスが発覚し、社内は戦々恐々としている ・津波警報を聞いて、人々は戦々恐々としている ・兄弟はいつ学校から親へと呼び出しがかかるのか戦々恐々としてる 戦々恐々の語尾が「としている」となっていますので、自分の状況を説明するよりも、 相手や周囲の状況を説明する場合に使用される表現になります
例文:上司は意気自如として突然の来客にも対応していた 小心翼翼 小心翼翼 しょうしんよくよく とは気が小さいあまりに周囲に対してびくびくしている様子を表す言葉です