鹿島 アントラーズ 原理。

この結果を受けて5月31日、ACL決勝トーナメント1回戦敗退とホーム5敗でリーグ戦7位を理由に石井を解任し、後任にトップチームコーチを務めていたが昇格した。 28

2016年• 2013年• さらに広州恒大からレンタル移籍で加入したレナト、栃木へレンタル移籍していた佐々木竜太とは契約を更新しなかった。

鹿島では・以来の兄弟選手となった。

その後土居が1点返すも、1-3で敗れた。

社長には、の兼COOを務めるが就任した。

3年ぶり3回目の出場となったは、のに敗れ、3度目の優勝はならなかった。

2009年 オズワルド・オリヴェイラ• チャンピオンエンブレム [ ] リーグチャンピオンエンブレム• 一方、から期限付き移籍加入していたレアンドロが完全移籍加入。

7月29日には前年に引退したの引退試合が、1993年のの出場メンバーを中心にした「鹿島アントラーズ1993対」としてカシマサッカースタジアムで開催された。

の中にある「THE HALL OF LEGEND」にて記念される。

は、失点数や敗戦はリーグで最少、51得点30失点は3連覇を果たした昨年とほぼ同じで敗戦は昨年の8から6に減らしたものの、降格したFC東京と共にリーグ2位タイの引き分けが12で内田が移籍してからは9分けと後半戦は勝ち切れない試合の多さが響き8月7日に行われた第17節清水戦で敗れて以降は1度も首位に返り咲く事はなくリーグ4連覇を逃しただけではなく、ACLの出場権に当たる3位以内にも入れず4位転落で終了した。

チャンピオンシップは磐田を下して、2度目のリーグ年間優勝を果たした。

83
その気持ちが強過ぎたのか攻撃が慎重になり過ぎてセレッソペースにはまり、挙句、後半深い時間に先制点を取られるという一番やってはいけない展開 2014年 チームスローガン: SPECTACLE - 戦 - セレーゾ体制2年目
最終順位も大事だが、勝って終わるのも大事だと思っていた 天皇杯では準決勝で昨年ACLを制した浦和に敗れベスト4となり、国内タイトルは全て4位以上の成績ながら2年連続の無冠でシーズンを終了した
2015年 柳沢敦、 中田浩二、• 準々決勝は2年前のラウンドオブ16と同じく敗退に追い込まれた広州恒大 1999年• なお、のには小笠原満男と柳沢敦が選出された
1998年 - 2001年:エネーレ• 2003年 小笠原満男• これによりACL出場権を獲得した UEFA欧州選手権(ウエファおうしゅうせんしゅけん, UEFA European Football Championship)は、欧州サッカー連盟 UEFA が主催する、ヨーロッパのナショナルチームによるサッカーの大陸選手権
2000年• 同時に出場権を獲得した クラブマスコットは鹿をモチーフにした「」と、に「しかお」と結婚したという設定の「しかこ」、にしかおとしかこの間に誕生したという設定の「アントン」である
なお、でに秋田豊、、、、、の6人(クラブ別では最多)が選出された また、4月にはのをクラブ初となるで登録した
2016年• 、茨城ニュース いば6、などの番組内で随時放送される 2019年 、 小笠原満男• 2009シーズンからヤタガラスのエンブレムに代わり、金色のJマークをつけている(初着用は鹿島)
34