佐藤 留美。

私たちも市民団体とか 学校や福祉団体とかそういうところこの連携というのはずっと つないでいるんですけれども、やっぱり SDGsの流れが非大きいと感じています。

今年度は、1年生の英会話の授業で、debate contestを2月に行うように、12月から取り組んでいます。

あとは毎週 sunday parkcafeというのをやっていまして、地元のカフェがケータリングを出して 、地元のアーティストさんたちがワークショップをするみたいな、みんながあったらいいなと思っているものをみんなで作ろう そういうプロジェクトですね。

二つ目は肺炎です。

フリーランスから会社員への転向もあり 南:加藤さんはシェアリング・エコノミーを使いこなして自分の価値を高める働き方をされていますし、平田さんはフリーランスとして金銭的な報酬を得るという立場を超えて自己実現をされていらっしゃいます。

65

そして建物の間には畑や農地があるんですよ。

文/太田冴 写真提供/一般社団法人シェアリングエコノミー協会 Profile 一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会 代表理事 平田麻莉 慶應義塾大学総合政策学部在学中にPR会社ビルコムの創業期に参画。

これらのさまざまな都市の問題や変化に対応する鍵として、世界の各都市では「みどり」を都市のインフラとして位置づけ、積極的に増やそうとしています。

そういう想いを持つ方々をつないでいくようなプラットフォームが必要だなと思って立ち上げたのが Green Connection TOKYOという団体ですね。

みどりのブランディング事業 東京のみどりのポテンシャルを引き出し、 都市ブランドとしての価値を発信します。

お屋敷に森があって、その森を活かした環境共生住宅とか、商店街とかにも緑が配置されていたりします。

山崎: ちょっとしたデザインに可愛いげがありますよね。

きっと、企業にとっても「寄らば大樹の陰」のつもりで依存されても困るよ、というフェーズにきているんだと思うんです。

女性が仕事探しをする際に重視する「残業の有無」や「産育休活用例の有無」などの情報を求人ごとに紹介。

みどりのプラットフォーム事業 東京のみどりに関わる組織・情報・ネットワークが 集まる「場」を創出します。

28

東京都といったら西新宿のようなイメージがあったので本当にびっくりしたんですよ。

最近は特に、働く女性をテーマにした題材が多く、『ホワイト企業 女性が本当に安心して働ける会社』(経済産業省監修、文藝春秋)では女性社員インタビュー、企業紹介ページの一部を担当。

フリーランスとして働くかどうかは別として、自分のスキルに一体どれほどの価値が付くのか、というのは一回でも知っておくといいかもしれません。

例えば、指定3年目の3年生の授業ではクラスを3つのグループに分けてdebateを行い、それぞれのグループで、肯定側、否定側、ジャッジと役割分担をし、勝敗をジャッジが決めた後、クラス全体でdebateされたことをジャッジがクラスに共有するという形式の授業を取り入れました。

そこにさらに食べられる緑があるという安心感すごかったですよね。

18