渦中 読み方。

第八版の簡単な紹介を掲載した書店用注文書はこちらです。 「渦中」は 「かちゅう」と読む言葉です。 忌中(きちゅう)のように「中(ちゅう)」が用いられている言葉には、 「懐中(かいちゅう)・宮中(きゅうちゅう)・渦中(かちゅう)・集中(しゅうちゅう)」などがあります。 今回は印刷用紙のくふうにより、重さと厚みを押さえ、より使いやすいものになった。 「渦中の人」の意味 早速、「渦中の人」とはどのような人を指しているのか、言葉そのものの意味を通して考えていきましょう。 この言葉を知る事で、自分が 「渦中」にいる事に気付く人もいるかもしれません。
68
「渦中」ということばがあるため、禍は渦(渦)と書き間違えやすいので注意が必要。 この機会にぜひ、「渦中の人」の正しい読み方について学び、覚えておきましょう。 4月2日の時点で感染者数が最多であった世田谷区在住の友人が、SNSの友人グループに「怖い」と怯えたメッセージを送ってきました。 コロナ禍の意味や読み方について 「コロナ禍」の意味は、 新型コロナウイルスが招いた危機的、災厄的な状況。 コロナ禍と表記されるのは「禍」の意味が適切だったからですね。 コロナ禍の読み方は「ころなか」で漢字は禍 わざわい を使う コロナ禍 は 「ころなか」と読みます。 「渦潮・渦旋・渦動・渦水」• 新型コロナウイルスが人々に被害を与えていることを示しているわけで、たしかに字面からも強い不安や市民生活への影響の大きさが感じられる。 また、 訓読みでは 「 わざわい」、そして禍々しいで 「 まがまがしい」と読まれます。
68

<使用例>「禍々しい出来事にも、必ず終わりが来ます!」 文字、音ののイメージが強烈ですが… 「禍」という字には「禍(まが)」という読み方があります。

読みは先にお伝えした 「わざわい」と聞くと「災」の漢字の方が一般的かもしれません。

見えないウィルスとの闘いには、一人一人が当事者として、平常心で毅然と戦う力が不可欠です。

スポンサーリンク. 新刊は『書評の仕事』 (ワニブックスPLUS新書)。

「渦中の人」の意味・使い方 まずは、「渦中の人」とはどのような言葉で、どのような人を指しているのか、言葉そのものの意味や使い方などから、考察していきましょう。

「渦中」の言葉の使い方• 「うずちゅう」と読まないように注意 「渦中」という言葉に使用されている「渦」という漢字は、「か」という読み方の他に、「うず」という読み方をすることもあります。

5