ピーター バラカン。

まずはHIGHFLYERSの日本に住む外国人にインタビューをするコーナー「BICULTURAL SOULS」。

あの時代を生きるというのはどういうことだったのか? (・)• ・ご来場の際はマスクを着用してください。

どうやら息子さんも父であるピーターバラカンさんに影響され、音楽活動をしているようですね。
息子は シンノスケ・バラカンさんといい、 DJとして活躍しています。 現在フリーのブロードキャスターとして活動、「バラカン・ビート」 インターFM 、「ウィークエンド・サンシャイン」 NHK-FM 、「ライフスタイル・ミュージアム」 東京FM 、「ジャパノロジー・プラス」 NHK BS1 などを担当。 carousel-content:nth-child 2 ,. 『ロックの英詞を読む』 2003年10月3日• (TBS)• The Derek Trucks Band「Soul Serenade」 8. Debashish Bhattacharya「Calcutta Slide Guitar」 Miles Davis「Cellar Door Sessions 1970」 2. 弟のマイケル・バラカン(ミック・バラカン)はプロので、かつては ()(ビザンティウム)のメンバーだった。 夫の一部の仕事を手伝い、特に夫がキュレイターを務める音楽フェスLive Magicwww. サウンドコネクション・ロッカダムIII() 襟川クロと共演。 バラカンさんはラジオ放送のため、 NHKとInterFMへ行く週2日は必ずクルマに乗る。 テレビ• Madeleine Peyroux「Half the Perfect World」 6. 現在、ピーターバラカンさんは東京で音楽フェスティバルを開催するなど東京を中心に活動しています。
35

きっかけは、知人に「知り合いがロンドンでアルバムを作るのでのを手伝ってくれる人を探している」と誘われたことであり、そのアルバムとはの『』であった。

どうやら息子さんも父であるピーターバラカンさんに影響され、音楽活動をしているようですね。

BS1スペシャル「バラカンが見たコロナ禍の東京」(2021年3月21日、NHK-BS1) 広告(テレビCMなど)• Sister Gertrude Morgan「Let's Make A Record」 6. (ピーター・バラカン氏がキュレーターとなる音楽フェス). (1983年、作詞:ピーター・バラカン/作曲:/編曲:YMO)• 『ぼくが愛するロック名盤240』(講談社プラスアルファ文庫) 1998年11月20日• どうやら息子さんも父であるピーターバラカンさんに影響され、音楽活動をしているようですね。

これだけ人々を感動させる歌手達がこれらの島々に住んでいて、お互いの共通点を確かめ合いながら一緒に音楽を作っている姿には本当に心を動かされます。

Sharon Shannon「Live In Galway」 10. John Scofield「 That's What I Say: John Scofield Plays The Music Of Ray Charles」 9. (InterFM) 毎週月-木曜日 7:00-10:00、2013年4月-2014年9月• 演奏も素晴らしく、バルカン音楽の深みを堪能できる。