ゴルフ r。

新型ゴルフRは、8世代目となる新型『ゴルフ』シリーズの頂点に位置する高性能グレードであり、歴代最強のゴルフとなる。

だからドライバーは、緻密(ちみつ)に作動するメカニズムに囲まれながら豪快な加速を操ることになる。

ブースト圧アップやタービンの大径化などによって、現行ゴルフGTIを約2割上回る最高出力と最大トルクを発生するという。

また、放熱性に優れた穴開きブレーキディスクや安定した制動力を発揮するパフォーマンスブレーキパッドを採用した専用ブレーキシステムが、R Performance専用19インチアルミホイールと相まって、レーシーな足回りを演出。

新開発の4WDシステムは、電子ディファレンシャルロックの「XDS」や、アダプティブシャシーコントロールの「DCC」などと緊密に連携する「ビークル・ダイナミクス・マネージャー」によって制御される。

だが懐深いフロントサスの応答性を使って、慣性で上屋(ボディ)の向きを変えて行くと、4輪が接地したままでも、ジワーッと曲がって行く。

フォルクスワーゲンは新世代のゴルフに最高峰モデルとなるゴルフRを設定することで、高いをアピールしていく予定です。

新型ゴルフRではトランスミッションに6速MTと7速デュアルクラッチ式が設定され、好みにあわせた選択に対応しています。

そしてこのブレーキとタイヤが発生させる減速Gによって、固いだけだと感じていたゴルフRのサスペンションが、伸びやかに本領を発揮するようになったのだと思う。

新型には、アンビエントライトが標準装備されており、インテリアの照明色を30 色から選択できる。

靴底が厚い感じがするのだ。

6段DSGの仕事っぷりも、その存在を忘れてしまうぐらいスムーズだ。

だが、6段MTで味わうゴルフRの2リッターユニットで最も印象的だったのは、パワーよりもむしろマナーである。

ヘッドライトは特徴的なUの形を描き、特に夜になると印象的な表情を見せるLEDポジションランプ内蔵のバイキセノンヘッドライトを標準装備。

これはフォルクスワーゲンが、かのアクラポヴィッチとジョイントして製作したチタン製のエキゾーストシステム。

新型ゴルフRには「Rビュー」と呼ばれる3D表示 新型ゴルフRは、「Rビュー」と呼ばれる3D表示も可能だ。

25インチデジタルメーターと10インチインフォテイメントシステムをシームレスにつないだ大型ディスプレイを標準装備• TSI ハイライン マイスター• 新型フォルクスワーゲン・ゴルフRについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!. 右ハンドルのみの設定。

6

エクステリアは、フォルクスワーゲンR GmbHによる「R」専用パーツを装着することで、通常のゴルフシリーズとの差別化が図られた。

4km/Lとハイパフォーマンスモデルの中では非常に良い値の燃費をマークしている。

ここがこのクルマの神髄だろう。

トランスミッションは6速のDSG。

最高出力は280馬力、最大トルクは380Nmと向上し、このほかの燃費向上技術では、アイドリングストップ「Start/Stopシステム」とブレーキエネルギー回生システムからなるブルーモーションテクノロジーを採用。

この結果、最大出力は320ps、最大トルクは42. このように極めてシャシーファースターな特性を持つゴルフRだったから、310psのエンジンパワーに振り回されるということは一切なかった。

ペダルにはアルミが多用されてカッコイイが、雨の日はちょっとすべりやすかった。

フォルクスワーゲン・ゴルフRは、ブランドの主力車としてラインナップされている「ゴルフ」をベースにした4WDハイパフォーマンスカーとして設定され、FF最高峰モデルの「ゴルフGTI」とあわせ、フォルクスワーゲンを代表するスポーツモデルとなっています。

インテリアは、クールにブラック&シルバーでコーディネート。

エクステリアは、バンパー(前後)のデザインを刷新し、フェンダーの奥まで切れ込んだ新形状のヘッドライトを採用することでスポーティーでシャープな印象を与える。

58