横山 玲奈 バイオリン。

だから、番組を通して少しでもクレモナに興味を持っていただけたんじゃないかなと。

音楽、芸術とは人の心に直接語りかけることができる素晴らしいもの。

演奏家としてのタイプも違うはず。

そのクレモナの病院屋上から、医療従事者への感謝と患者たちが再び音楽を楽しめる日が来るよう祈りを込めて演奏した、クレモナ在住の日本人ヴァイオリニスト 横山令奈。

html バイオリニスト横山令奈さんが一気に注目を浴びたのは、今コロナウィルスの治療現場である病院の屋上から、感動的なバイオリンを演奏したためです。

海外で活動をしていると、日本でコンサートを開くのはすごく大変なんです。

2016年11月にベートベンのピアノトリオOp. 」 あっという間の至福の時間が終わり、ホールを出ようとするとき、今日は一般客として来場されていた妹の横山亜美さんをロビーで発見。

横山令奈さん バイオリニスト『クレモナ・マッジョーレ病院で2020年4月16日に行われたコンサート、寄付のプロモーションビデオであるPro Cremonaのオフィシャルビデオには収録されていない他の曲の映像』 クレモナのシンボル、トラッツォ 塔 の上、クレモナマッジョーレ病院屋上に次ぐ、第3弾、クレモナ、グレートリバーで船の上からのバイオリン演奏。

時間が止まった、感動の瞬間ですね。

このように芸術、音楽が、人々に希望と力を与えることを信じてバイオリンの道を進んできましたが、今日もそのことが間違っていなかったことを確信いたしました。

ゆったりと流れる非日常の時間の中で、このようにリアルで世界最高レベルの演奏を聞ける有難さを感じておりました。

70
新型コロナウイルス患者への治療の最前線となっている病院の依頼で、日本人バイオリニスト横山令奈さん(33)が病院の屋上から演奏した 8,618件のビュー• もちろんいろんな市の許可などが必要なのですが、それよりも当時の状況や気持ちの面がもっとも気になるところで
ーー横山さんをキッカケに多くの方がクレモナについて知ることになったと思います 緻密かつ大胆で迫力があり、時には速く時には繊細でゆっくりした令奈さんと杉林さんの2時間にわたる渾身の演奏
とても感激しました クレモナのシンボル、歴史的建物、トラッツォ 塔 の屋上からの演奏
横山さんが16日夕、クレモナで製作された愛用のバイオリンを手に、約30メートルの高さにある病院の屋上に立つと、町のシンボルとなっている高さ112メートルの鐘楼が夕日を受けて浮かび上がった 亜美さんは話のおもしろさから「喋るバイオリニスト」として話題ですね
クレモナの地に深く溶け込み、活躍されていることがわかりますね 快諾した横山が4月16日夕方、病院の屋上で演奏を始めると、防護服姿の医師らが窓から身を乗り出して、ヴァイオリンの音色に聴き入った
イタリアを中心にヨーロッパ各地の重要な劇場や音楽フェスティバルで演奏し好評を得る ーーそれにしても、高い場所から演奏するのって気持ちが良いものなんでしょうね
クレモナの美しい街並み 感謝の言葉が鳴り止まない 「ロックダウンしてから医療崩壊ギリギリの状態で持ちこたえているクレモナや、近隣の町の病院にいる方々、亡くなってしまった方々やその家族、家にずっとこもっているしかないすべての人々に思いを馳せながら、精一杯演奏しました」 「19歳の時にクレモナに留学に来てすぐ、このトラッツォに登って、いつかこの上でバイオリンを演奏できたら…などと身のほど知らずに考えていたことを思い出し、こんな形で夢が叶ってしまったことがとても切なくなりました」 1曲弾き終えるごとに、自宅のバルコニーで聴いていた近隣住民からわき起こる 「ブラボー!」の歓声 私を含めて、クラシック音楽家の多くは、ライブ配信やビデオを通して何かをするというより、生演奏に賭けてきていたんです
ローマの国会に招かれて演奏することも決まっていますし、規模が広がっている実感があります 137 ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ 第3番 ニ短調 op. 自分の結論としては、音楽は絶対に必要……というか、自分にとって必要なんです
横山さんは演奏後、朝日新聞の電話取材に「演奏家は、人の心に直接語りかけられるからこそ、いま何ができるのか、考えてきた そんな横山令奈が2021年1月17日(日)に愛知県芸術劇場コンサートホール、23日(土)に山口県・渡辺翁記念会館、24日(日)に大阪・豊中市立文化芸術センターで来日公演を開催する
当日の密集・混雑をさけるため、事前にご記入のうえご来場くださいますようご協力をお願いいたします 作曲:Ennio Morricone( エンニオ・モリコーネ)• まずはその感動的な演奏をご覧ください
20