三 協 立山 株式 会社。

2003年12月1日 三協アルミニウム工業株式会社と経営統合し、共同持株会社三協・立山ホールディングス株式会社を設立。

立山合金工業株式会社を設立• を子会社化。 そして、同年10月には、それらの事業会社を統括する三協立山タイランド株式会社を設立、タイにおけるアルミニウム鋳造から押出、加工に至る一貫生産体制を確立いたしました。 【ご注意】• また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 1月1日 - 株式会社の事業のうち、店舗用の製造・販売などを行うストア事業を会社分割により承継 (なお、ストア事業の製品である「YFシリーズ」は商業施設事業を担うタテヤマアドバンス社にて取り扱っていたが、2020年12月31日をもって廃止となった )。 構成会社 [ ]• エクステリア部門(エントランス、フェンス、、、、、用品など)• なおその際に両社の製造部門をSTプロダクツとして分離(2008年に当社と合併)、さらに営業部門を2006年6月1日に統合し 三協立山アルミが発足した。 同年12月1日に親会社だった三協・立山ホールディングス株式会社を吸収合併した。 Sankyo Tateyama Alloy Thailand Co. 各市場の拡張子、詳細についてはをご覧ください。 サンクリエイト株式会社を設立。 - 旧三協アルミの福利厚生施設として設置、後に高岡市に譲渡。 10 【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 6月1日 - 子会社の三協立山アルミ株式会社がSTプロダクツ株式会社を吸収合併。
72

主な取扱商品 [ ] 合併前の2社のうち主に三協のみが扱っていたものにはS、立山のみが扱っていたものにはTを末尾に付す。

店舗用汎用陳列什器の販売。

を順次子会社化しました。

9月1日 株式会社から生産事業にかかる国内事業部門をによって承継・新設された子会社と同社のヒートシンク事業の海外現地法人2社の全株式を取得し子会社化。

三協大同鋁業股份有限公司()• であるため社員は総務・経理・経営企画等の間接部門がほとんどを占めていた。

弱点の相互補完などを目的として両社はに経営統合を行い三協・立山ホールディングスを設立。

県外から富山に移り住むとなると非常に厳しく、大学の同窓などとは間違っても給与の話はできない。

富山県にもともと生活の拠点があり富山で結婚し夫婦共働きで慎ましやかな生活をずっと富山で送っていくというならば問題はない。

第1部・第1部に上場。

三協ワシメタル株式会社• ならびに建材の組立、加工を行うThai-Aust Aluminium Co. - 三協アルミニウム工業株式会社と立山アルミニウム工業株式会社の経営統合により設立。

30