三 文字 熟語 意。

釣り好きな人。

過不及 かふきゅう 多すぎたり足りなかったりすること。

疑 問 符• 三豕渉河の類語 三豕金根(さんしきんこん)• 三世一爨 (さんせいいっさん) 三世代の家族が一つの家に同居すること。

総本山 そうほんざん 一つの宗派を統括する寺。

大大的 だいだいてき 大がかりに物事をすること。

言葉・読み 意味など 一握 (いちあく) ひとにぎり、少量。

一昨日 (いっさくじつ) 一昨日 (おととい) 一昨年 (おととし) 一周忌 (いっしゅうき) 一食頃 (いちじききょう) ちょっとの間 一身上 (いっしんじょう) 一人静 (ひとりしずか) 一人前 (いちにんまえ) 一人物 (いちじんぶつ) 一生面 (いちせいめん) 一隻眼 (いっせきがん) ものを見抜く特別な眼識 一節切 (ひとよぎり) 真竹製の縦笛 一大事 (いちだいじ) 一段落 (いちだんらく) 一丁字 (いっていじ) 一個の文字 一張羅 (いっちょうら) とっておきの一枚の着物 一頓挫 (いちとんざ) 順調に運んでた物事の勢いが、中途で急にくじけてしまうこと 一年草 (いちねんそう) 一匹狼 (いっぴきおおかみ) 一辺倒 (いっぺんとう) 一本気 (いっぽんぎ) 一途に思いこむ性質 一本槍 (いっぽんやり) 一枚岩 (いちまいいわ) 一目散 (いちもくさん) 一夜漬 (いちやづけ) 一粒種 (ひとつぶだね) 自分のただひとりの子 一両日 (いちりょうじつ) 一日または二日のこと 一刹那 (いっせつな) きわめて短い時間 一彈指 (いちだんし) 指を一つはじくだけの極めて短い時閒 間に『一』が入る三字熟語・言葉・表現・名詞・ことわざなど 言葉・読み 意味など 画一的 (かくいつてき) 個性や特徴のないさま 間一髪 (かんいっぱつ) 物事が非常に切迫していているさま 桐一葉 (きりひとは) 坪内逍遥作の歌舞伎の演目 好一対 (こういっつい) 紅一点 (こういってん) 多くの男性の中の、ただ一人の女性 刻一刻 (こくいっこく) 傘一本 (からかさいっぽん) 僧が破戒の罪で寺を追放されること 紙一重 (かみひとえ) わずかな違い 手一合 (ていちごう) 両手の手のひらで約一合の米 春一番 (はるいちばん) 初一念 (しょいちねん) 初めに心に決めた覚悟 上一人 (かみいちにん) 国王・天皇 生一本 (きいっぽん) 純粋で混じりけのないこと 精一杯 (せいいっぱい) 大一番 (おおいちばん) 第一線 (だいいっせん) 天一神 (なかがみ) 日一日 (ひいちにち) 日がたつにつれて変わっていくさま 年一年 (ねんいちねん) 年ごとに 百一物 (ひゃくいちもつ) 僧の生活用品の総称 無一物 (むいちもつ) 何ひとつ無いこと 無一文 (むいちもん) 裸一貫 (はだかいっかん) 自分の身体のほか、何の資本も持っていないこと 力一杯 (ちからいっぱい) 鐚一文 (びたいちもん) 目一杯 (めいっぱい) ぎりぎりの限度まで 『一』で終わる三字熟語・言葉・表現・名詞・ことわざなど 言葉・読み 意味など 三国一 (さんごくいち) 世界中で一番であること 世界一 (せかいいち) 日本一 (にほんいち) 不統一 (ふとういつ) 統一がとれていないこと 万が一 (まんがいち) 『一』がつく4文字の言葉・表現・名詞・ことわざなど 言葉・読み 意味など 一つ一つ (ひとつひとつ) 一つ引両 (ひとつひきりょう) 真一文字に引かれた筋のこと 一つ覚え (ひとつおぼえ) 一つのことだけを忠実に覚えていること 一っ切り (ひとっきり) ひとしきり 一っ走り (ひとっぱしり) ひとはしり 一つ買い (ひとつがい) 一つだけ買うこと 一っ飛び (ひとっとび) 一の御子 (いちのみこ) 第1皇子 一の字点 (いちのじてん) 「ゝ」「ゞ」「ヽ」「ヾ」のこと 一の大臣 (いちのおとど) 一の鳥居 (いちのとりい) 神社の参道に入って一番初めにある鳥居 一の内侍 (いちのないし) 内侍司の女官の掌侍の中で第一位のもの 一握の砂 (いちあくのすな) 一葦の水 (いちいのみず) 幅の狭い水の流れ 一一〇番 (110ばん) 一一九番 (119ばん) 一楽編み (いちらくあみ) 籐細工のひとつ 一眼レフ (いちがんれふ) カメラの一種 一気飲み (いっきのみ) 一挙して (いっきょして) 1回の行動、動作 一句切れ (いっくぎれ) 短歌や俳句における、意味や内容、調子の切れ目のこと。

消 去 法• 北 半 球• ピラミッド。

甘い物も酒も好きなこと。

孤 児 院• 半 導 体• 道 産 子• 無二無三の類語 唯一無二(ゆいいつむに)• 目一杯 めいっぱい 限度いっぱいであること。

歳寒三友 (さいかんのさんゆう) 厳冬の季節に友とすべき三つの植物。

84