こく せい。

が地域の指導者的な立場にいたため調査を依頼できる などの条件がそろっていたため、国勢調査を行う土台となった。

所要の財源確保 の観点を考慮すべきであるとされている。

この「甲斐国現在人別調」は、1846年10月15日に実施されたの第一回国勢調査において用いられた産業別職業分類法を採用している。

コンボ途中に組み込めば追撃に利用でき、 探索画面で使えば指定ポイントまでのワープ技としても使える便利なスキルだ。

塩味の杏仁豆腐とか。

市町村あるいはそれ以下の地域レベルに関する詳細な統計を得るための役割(例:学区に関する統計、自然の境界による区域に関する統計)• その後、剣影に隠れ、敵に稲妻の如き高速連斬を発動し、多段雷ダメージを与える。

42
この行動のせいで一部旅人からは判定を頂戴してしまっている。 その中で最も歴史の古いものの一つに、アメリカ合衆国のセンサスがある。 ステータス詳細 雷楔ダメージ 50. 屋根の上や木の上に登る際に便利なスキルのため、探索する時は積極的に使おう。 人口および世帯に関する全数調査としての 国勢調査のことを厳密に英語で表現する場合には、" Population Census"又は" Population and Housing Census"と呼ばれる。 攻撃能力もそうだが、 瞬間移動がとんでもない使い勝手を誇る。 会心率を補える黒剣 サブステータスで会心率が上がる点が大きく、武器スキルも刻晴との相性が良い。 従業地又は通学地(自宅(住み込みを含む)、同じ区・市町村、他の区・市町村 のうち1つ)• なお、発動中は刻晴の姿が消える為勘違いされがちだが、 あくまで無敵時間はカットイン中のみであり、その後は普通に攻撃がヒットする為注意。 但し、よくも悪くも重撃は小型の敵を吹き飛ばす特徴があり、吹き飛ばしたくない場合は他のキャラを使って凍結させる等の工夫が必要となる。 「勤勉」を旨とし、「怠惰」と「非効率」を唾棄すべきものとして嫌う。
57