副 反応 副作用 違い。

ワクチンとは、 敵と戦う自分専用の軍隊みたいなものです ただし、米国のCDC(疾病予防管理センター)などは、ワクチンに対してもside effect(=副作用)という言葉を使うことも多く、「副反応」と「副作用」は厳密に使い分けられていない場合もあります 1
「筋肉注射なので少し痛みはありましたが、心配するような症状はありません」
しかし、その後国内外の様々な研究により、ワクチンを接種した人も接種していない人も、同じぐらいの頻度でそのような体調不良を経験しているということがわかりました 2-5 ここで、 敵であるインフルエンザウイルスが侵入してきた場合、 軍隊が迎え撃って、撃退するのです
ちなみに、典型的なとは「現役時代、蜂に刺されてもなんともなかった養蜂家がリタイヤして何年も経ってミツバチに刺されたところ心臓発作で急死してしまう」といった症状である だが、そうした情報は、政府からも、新聞テレビからもなぜかまったく伝えられない
例えば、風邪薬を飲んで 「眠くなってしまう」のも副作用です 自分が接種された時には、1回目はあまり痛みがなく、2回目は少し痛みがあった程度でした
ただし、何も持病のない人もいました 打った部位の痛み(1回目の接種後は約68%の人、2回目の接種後は約75%の人)、倦怠(けんたい)感や疲労感(同29%、50%)、頭痛(同26%、42%)、筋肉痛(同17%、42%)、寒気(同7%、27%)、発熱(同7%、25%)、打った部位の腫れ(同7%、27%)、関節痛(同7%、21%)、吐き気(同7%、14%)といった症状です
たとえばインフルエンザ・ワクチンでも微熱が出たり腫れたりするが、誰も症状が出たと大騒ぎはしない。 医薬品の副作用の場合には、化学的な反応によって起こっていることなので、どんな副作用なのかということは初めからわかっています。 まったく予想していなかったので、強い副作用に驚きました。 12歳以上については近日ファイザー社のワクチンについて承認される可能性が高くなっております。 とにかくヘロヘロでしたね。
77