盾 の 勇者 の 成り上がり イラスト。

まだ自我がはっきりしてなく、尚文も「魂的な物がない」、「プロト・フィトリア」と語った。 6周目 メルロマルク編 初日に4人での相談時に未来から来たことをカミングアウトする。 また、聖武器や眷属器にアクセサリーが装着されると特殊な効果を発揮する場合が多く、その効果については使用してみないと不明な上、魔力付与をした者の想定を外れる事が珍しくない。 そして絆から他世界への侵攻を咎められたことと、友人を助けてくれた恩もあり尚文と和解し協力関係になる。 翻訳機能が壊れているため言葉に雑音が混じってしまい会話が困難であった。
79 93

女王から全く信頼されなかったため、第一王女だが王位継承権はメルティの方が上であり、三勇教の起こした事件ではメルティを心配するふりをしながら暗殺しようとした。

体内へ侵入するための霊亀洞と呼ばれる洞窟があるが中は石造りになっている。

彼女は見た目も幼く気弱な性格の少女ですが、尚文と出会ったことにより、樹を見返すために仲間になりました。

だが、 その大切な家族を守るため無意識に発動した『力』が、 クレアの運命を大きく変えてしまうのだった。

ラフタリアの説得にも耳を貸そうとせず、トラウマの原因であるケルベロスになって克服しようと思うも、可愛らしい姿 にしかどうしてもできず、他の改造案も本人が望んでいたようなかっこいい姿になれるものではなかったため、結局保留することとなる。

四聖教と七聖教のがあり、四聖、七星の武器の選定者が現れるとが光る。

その一方で未使用の状態だと聖武器でも感知出来ないなど、隠蔽性も非常に高いというタチの悪い性質もある。

51