アラジン 自 閉 症 ブログ。

私は興奮で爆発寸前でした。

牛乳がマイルズの行動に影響したという仮説をテスト 私は天性の懐疑論者で、私の夫は研究者ですから、私たちは、牛乳がマイルズの行動に影響したという仮説をテストしようと決めました。

そこで、1997年に、もう一人の親御さんリサ・ルイスさん(『特別な子どもには、特別な食事を』(粘pecial Diets for Special Kids・Future Horizons, 1998)の著者)と一緒に、国際的支援組織「食事療法のための自閉症ネットワーク」 The Autism Network for Dietary Intervention: ANDI を始め、ニュースレターの発行を始めました。

「ただ、ただ、びっくりしているわ。

例えば、彼は床に自分の額をこすりつけたり、(自閉症の子どもによくありがちな)爪先立ち歩きをしたり、うがいをするような奇妙な音をたてたり、ドアの開閉を繰り返したり、砂場の砂のカップを満たしたり空にしたり同じことを繰り返す動作をするようになりました。

39 84
腱を切ったスタッフもいます このような機能研究から、発生・発達過程を通して形成される扁桃体の脳回路が自閉症児では発達初期から違っていると考えられ、出来ればこの回路をなんとか一般児に近づける方法を開発したいと、早期診断、早期介入のための研究が進められています
他人だから耐えられるんです 少数の科学者、しかも、その何人かは自ら自閉症児の親であるが、自閉症児の尿に麻薬を含む物質 アヘンとヘロインを含む物質 を発見している
筆者自身、発達障害者支援をボランティアで引き受けることがあるが、Aさん、Nさんのどちらの気持ちも分かるのだ 同時に細胞分化マーカーを使って未熟細胞の数を比べていますが、こちらの方は一般人と自閉症で特に大きな違いは見られないことから、自閉症児で減少するのは、成熟した神経細胞のようです
自閉症はあるタイプの精神病?ひょっとして少年期の精神分裂病のようなもの? 私に関するかぎり、食事からグルテンをなくさなければならないことに、疑問の余地はありませんでした それは、人の仕事だから
また、彼は慢性的な下痢をするようになりました 自閉症は精神病ではない マイルズが成長しても、深刻な障害をもつ事は明らかだと言われました ウシ、ネコ、ダンスといった言葉を言わなくなって、彼は自分の中に閉じこもっていきました
しかし、悪いことだというのは分かっていました カリン・セル-シー著 息子の一生が厳しい障害のある人生になるだろうと医者に言われたとき、私たちは彼らの間違を証明する取り組みを始めました
その結果、誰かが救われるというだけです 1週間後に、私が膝に彼を座らせようとしたとき、目が合って、彼は微笑んだのです
👇これまでも何度か話題にしましたので合わせてご覧いただければ👇 今回も、 専門医としてではなく、あくまで自閉症児を持つ「ひとりの親」の主観として記します 繰り返しますが、「これは我が家においてどうだったか」に過ぎません
24