尾瀬 高校。

66

ボランティア団体との連携• 地元4中学との連携型中高一貫教育の推進(意見発表会、四万十源流フィールドワークの取組など)• 落語や漫才等を中心とした笑い及びエンターテイメントに関する科目• 00 平成31年 32 32 12 5 4 1 16 6 0. 140• 工業製品の開発から製造に係る一貫した知識・技術・技能を幅広く習得• 荒井 もともとは沼田高校の武尊分校で、 独立して、武尊高校。

関西光科学研究所「きっづ光科学館」にて見学実習を行い、同研究所より講師を迎え「レーザーと光」についての講演を実施。

・経営情報コース 簿記などの商業科目を中心に学習します。

広島県 総合技術高等学校 平成17年度 全 家庭 食デザイン学科• 国際航海学習を通したシーマンシップの育成• そのために、自然観察会でのインタープリテーション(自然解説に関わる技術)やキャンプなどの自然体験活動、環境系のボランティア活動など多様な内容の校外学習を通して、人と自然との関わり、人と人との関わりについて理解を深めます。

ボランティア団体との連携• 国際理解教育及び情報教育の充実を図るため、1年次に基礎英会話、基礎情報(ともに学校設定科目)を学ばせている。

「野外活動」科目の学習(1年スキー教室2泊3日、2年キャンプ実習1泊2日)• 1時限は90分で2単位分の授業• 専門科目の「音楽理論」「器楽」により、マーチングバンドに積極的に取り組んでいる。

ブナ植林ボランティアは、林業として植えられた針葉樹のカラマツに代わり、本来の森の姿を取り戻すためブナ等の広葉樹を植林する活動で、当時のの生徒のみなさんも植林に参加していました。

グリーンサイエンスコース:自然との調和をめざした環境保全の知識技術、さらには森林資源の活用に必要な知識技術の習得。

荒井 「自然環境科を出て、どうするの」 とか 「環境ガイドなんて、食えないよ」 みたいなことも言われますが、 何やったっていいんですね、結局。

もちろんせっかく山小屋に泊まるので、夜には近くの湿原を軽く散歩。

115• 秋田県立御所野学院高校との交流会も実施。

国際社会系、国際海洋系の2類型を設置 東京都 橘高校 平成19年度 全・定 その他 産業科• 「環境デザイン」「園芸デザイン」を学校設定科目として開設• 植林から20年近く経ち、健全な森に育てていくために成長の遅い木等の間伐が必要であること等の説明を講師から受けた後、早速、作業に取り組みました。

題して、 「my 池塘を調べてみよう!」 です。

51