車 検証 貼り 方。

com 車検シールを貼っていない車をよく見かけますが、車検シールを貼らずに公道を走行するのは違反となります。
最後に透明シールが貼られていた方を山折りすればシールが剥がれますので、車のフロントガラスに貼り付けて完了です。 裏面 裏面には車検の有効期間の満了する(有効期限)の年月日が記載されており、車検証を見なくても簡単に有効期限を確認できるようになっています。 道路運送車両法第66条によって、運行するときには車検の満了日が記載された検査標章を表示しなければならないと定められています。 車検シールが一部分も残っていない場合は、紛失の理由を書いて提出しましょう。 残り半分の青シールを剥がし、透明シールに貼る• 料金や流れについてはお店によって違いがある可能性があるので一度お店に相談してみてください!. 基本的には「ルームミラーの後ろ辺り」に今までの車検シールが貼られていたと思うので、同じところに貼れば問題ないでしょう。 「自動車検査証を車内に備え付け、検査標章を表示しなければならない」という記載があるのです。
47

貼り方を間違えてシールが破損したときや、表裏を逆にして貼ったときは再交付が必要になることがあります。

スクレーパーの刃はカッターの刃のように鋭いので、使用する際は指を切らないように注意が必要です。

住民票…発行から3ヶ月以内のもの• 表面には2つの数字があり、 ・大きい数字:月 ・小さい数字:年 を表しているのです。

一時抹消登録申請書• 車検に通ると車検証(自動車検査証)とセットで交付されます。

代行でお願いしたとしても、必要書類は自分で再発行する場合と同じように必要です。

指定工場とは「車検(検査)を工場で行える」のですが、車検証などの発行は後日陸運局となるのでタイムラグが発生します。

ただし、期限が切れた定期点検標章を貼ったままにすると保安基準違反になります。

どこにでも貼れば良いわけではないので、事前にきちんと確認しておくべきでしょう。

自動車検査証(車検証)を車に積んでおく。

すると黄色のシールが写真のように剥がれます。

これは「ダイヤルステッカー」と呼ばれるもので、「12カ月法定点検」をきちんとおこなったという証明です。

しかし、指定工場で車検を受ける場合は、運輸支局に書類を提出して交付してもらわなければなりません。

軽自動車の場合は一律です)。

検査標章(車検シール)を表示する。

記事の中でも話に出ましたが、ディーラーなどの指定工場で車検を受けると仮の車検シールとして「保安基準適合標章」が貼られています。

62