スナフキン 名言。

より人生が豊かになる、友情に関するムーミンキャラクターたちの名言をぜひご覧ください。

人生で大切なのは、自分のしたいことを自分で知ってるってことだよ。
多くを求めず、生きていく上で必要な食糧と夢を育んでいく 」 スナフキン(トーベ・ヤンソン原作「ムーミン」に登場するキャラクターの一人) 思索を好む放浪者
I just look at them — and then when I continue on my way I can remember them in my head. しかし彼は怒ってそれを否定 いつの間にか自分の中に出来上がっていたイメージが、旅をする中でこわれていくのを感じました
僕は物心がついたときからたった一人で旅を続けてきた それでも、少しでも笑顔が続くような日々を送りたいものです
(さっさと下に降りてきなよ、怒らないでさ それは、ムーミンの物語には作者トーベ・ヤンソンの思想が色濃く反映されているからだと考えられます
また、この名言には続きがあります - トーベ・ヤンソンによる本「たのしいムーミン一家」より One can never be truly free if one admires others too much. 父さんがいつも言うように、一つのドアが閉まったなら近くの壁を選んで力づくでぶっ叩くんだ
何か落ち込むようなことがあった時に必要なのは、もう一度前に進めるくらいの強さ 人生で人々から愛され幸せになるためにはまず、自分を憎しみの感情から解放し、周りに愛を与えることから始めてみましょう
ムーミンを始めとした 主要キャラはカバのお化けですから 笑 ところでスナフキンはリュック一つを背負って旅を続ける「旅人」でもあります 実は「やりたい」気持ちってのには賞味期限があるんですよ
スナフキンの名言 自由が幸せだとは限らない どこにも尖ったところがないんだ
このムーミントロールは 黒人はちょっと怖い
1914年8月9日フィンランドの首都ヘルシンキに生まれる のんびりとしたムーミンらしい言葉ではありますが、どこか哲学的で、今話題のミニマリストにも通ずる名言でもあります
はみ出す勇気みんなと違って平気な心の強さを持ちたい 『ムーミン』の小説やアニメでは、ちょっとした日常の会話の中にも人生のヒントとなってくれるような深い言葉が多く隠れていますので、この機会にぜひ見直してみてはいかがでしょうか
そして、立ち去るときには、それを頭の中へしまっておくのさ スナフキンの言葉からは、他人が自分のことをどう思うかを気にするよりも、ありのままの自分を受け入れてあげることの方が大切だということを教えてくれます
スナフキンの奏でるハーモニカの音色が聞こえるとムーミン谷に春が到来したのを感じるらしいです ということは、開き直っておだやかじゃない人生を楽しめたら、それはもう無敵ということなんじゃないでしょうか
5