アナベル ガトー。

同基地からMk-82核弾頭搭載のを強奪し追撃の手を振り切りながら、アフリカ方面へ逃亡する。 この多数の艦隊が集まった場所をガンダム2号機に搭載されている核爆弾を打ち込むという作戦です。 [ ]• 異様な理想を話すガトーに、バニング中尉とコウは困惑します。 また、ルウム戦役で名を挙げ「赤い彗星」と呼ばれるようになり、その後ドズル・ザビに艦隊を任されていることからも操縦技術のみならず、指揮能力にも長けていることを証明しています。 デラーズ・フリート参加時に昇進。 ガトーはガンダム2号機を主君デラーズ・フリートの艦隊に持って帰ります。 。
6
「再びジオンの理想を掲げる為に!星の屑成就の為に!ソロモンよ!私は還ってきた!」 これが星の屑作戦の一部になります その後、連邦軍艦隊の包囲網から逃れるチャンスを無視し、
コロニー内部のコントロールルームに進入し、コロニーの最終軌道調整を自身の手で果たす CV: 「多くの英霊が無駄死にで無かった事の証の為に…! 再びジオンの理想を掲げる為に…! 星の屑、成就の為に…! よ!私は帰って来た!!」 人物像 残党勢力「」の一員で、 の異名を持つジオン屈指のエースパイロットである(撃墜数200機、正式スコアは100機程度)
シーマはガトーと少し話しますが、態度がとてもよくありませんでした ニナは、ガトーにジャブローに落とす事をやめさせるように説得します
[ ]• いえ、たとえ常勝のもののふと言えども、この宇宙に光をもたらす者ではありません 全体の局面を考慮して物事を考えるさま
当時、月の企業連合体はジオン公国に好意的であり、彼等に匿われた公国軍残党は比較的快適な潜伏生活を送っていたとされる いえ、忘れてたわ!」 と返し、 ガトーは 「私はジオンの再興に身を託したのだ」と話します
その主人公コウと戦っている最中のセリフです 0083年10月13日、地球連邦軍トリントン基地にバルフィッシュと言うコードネームを使用し、ニック・オービルの乗るジープで潜入
ガトーは真面目な性格から単にシーマを嫌っていただけでなく、のちに裏切る事を予想していた先見の明も持っていました 劇中での活躍 [ ] 一年戦争時代 [ ] 一年戦争においては、が指揮する宇宙攻撃軍第302哨戒中隊隊長として、を中心とした宙域で活動していた
37