ラスト オブ アス 評価。

ご注意ください。
エリーは自分のことが嫌いで、自分に対して 存在価値を 見出せない。 ハード: 上級者向け、武器と資材が手に入りにくい• このストーリーではエリーが主人公で、本編でジョエルと出会う前の出来事が描かれています。 僕にとってのラストオブアスは、ジョエルとエリーの物語です。 これがまた良い具合にチームプレイができると楽しいんです。 前作ファンを裏切る作品(意味深) 現時点ではラストオブアス2の個人的感想評価は 40点(6時間プレイした段階では60点だった) 殷殷滅々とした物語。 ラストも結局誰も幸せにならないなんて誰がプレイしたいのだろうか? PR ラストオブアス2感想評価:プレイが苦痛。 しかしお涙頂戴の展開やチープなセリフからくる感動ではない。
91
超高難易度(グラウンド)モードが追加• 下に感想を少し書いているが、これは自分の考えていることを少しまとめたものであり、駄文だと思っている。 感染発生から20年後、ジョエルは生き延びるために相棒のテスと共に闇の商売や密輸を生業としていた。 レビューに蔓延する低評価について思うこと まずラストオブアス2について私は文句なしの神ゲーだと思っている。 ストーリーだけでなく、アクション部分も緊張感があって楽しめました! 難易度は高めですが、ロード時間の短さやストーリーの出来の良さのおかげで諦めずに最後までプレイできたんです。 芸術レベル• それでもエリーは殺さないことを選んだ。 このように、プレイヤーの行動に合わせて現実的な行動をとるように設定されています。 もちろん、他の敵も見つけ次第全力で殺してくるので怖いです。 相反するように徐々にエリーを大事な荷物から、大事なパートナー、そして家族へと絆を深めるジョエル。 息をつかせぬ展開と親子のように深まる絆。