パレイドリア 現象。

シミュラクラ現象とは、 3つの点が逆三角形で配置されているとき、人はそれを顔であるかのように認識するというものです。

The earwig's tail: a modern bestiary of multi-legged legends. 今回の記事で、自分の中で無意識に起こる奇妙な行動に理解が入り、スッとした人もいるかもしれない。

)」と聞こえたりする。

「何に見えるのか頭に思い描いた上で、何だかわかりにくいものを見ると、その思い描いたものに見えやすいということがあります。

空耳は、何も意味のない雑音や初めて聞いたものに対して発生することが多いです。

そういえば 島根の例の(前記事で紹介した小宇宙)母が 私の息子(母の孫)が小さい時に、電話でよく言っていた。

71

あるパターンやシグナルが発生した時、価格がどのように推移するのか、正しいイメージを脳に焼き付けてください。

私達母娘は、パレイドリア現象研究家だ。

この論文の内容は専門性が高いので詳細は省くとして,大雑把に言うとトーストの焦げ目のような模様がイエス・キリストに見えてしまった(つまりパレイドリア現象が起こった)ときの脳の活動をfMRIによって調べたところ,リアルな顔を見たときと同様にFFA(紡錘状回顔領域)という脳部位が活動していた,というものです。

アポフェニア( Apophenia ) 一見、 「そこに意味はない」と思われる無意味な情報の中から、規則性や関連性を見出す知覚作用のこと。

このように錯覚してしまうのは、 それまでの経験が作り出したイメージが原因です。

このようなものを自分が知っている事柄と関連付けて認識しようとすることにより、空耳が発生します。

たまたまなのはわかっていても、よくよく見てみるとそこにはアポフェニアが存在していることに気づくだろう。

昭和の時代,人面魚というものが世を賑わしましたが,あれはパレイドリアです(若い人は「人面魚」で検索してみてください)。

この例における投影は、一種の「誘導されたパレイドリア」である。

全体をぼんやり眺めてから、人の顔のように見えると思うなら、パレイドリア現象。

20