定期 借家 契約。

住み始めてから、「こんなはずでは」を防ぐために、契約時にチェックすべきポイントを紹介します。

契約対象が一定の基準を満たす居住用建物の場合、「やむを得ない理由」と認められる事情があれば、中途解約の申し入れが認められることもあります。

「正当な事由」の定義も厳しく、貸主が自分で使いたい状態にあるときも「正当な事由」と認められない場合があったため、賃貸借契約を結んでしまうと、賃貸借している家を貸主が再度使うことが難しいという状態でした。

そこで、更新が認められない以上、 再契約をすることにより賃貸借の継続が可能となります。

借主の方から「次の契約満了時に更新はしない。

たとえば、契約期間満了の2か月前に終了の通知がなされた場合には、期間満了時から4か月後(通知の時から6か月後)に契約の終了を主張して、借主に出て行ってもらうことができることになります。

2.定期借家契約の契約期間 定期借家契約の契約期間は 「自由」です。

)で契約を更新したものとみなされます(借地借家法26条1項。

74 22