キミノヨゾラ 哨戒 班。

そのくせ未来は怖くて、明日は嫌って、過去に縋って もうどうしようもなくなって叫んだんだ 明日なんてもう来ないでくれよって この曲の主人公「僕」は戦場で戦っている少年です。

それでも君と見ていた世界は綺麗なままでした。

「『君と僕もさ、また明日へ向かっていこう』なんて言ってますし。

「君といたいから叫ぼう」。

公開翌日のニコニコ動画デイリーランキングでは1位を獲得。

Bが担当しています。

87
大切な君に会いたいから、明日、つまりは未来の夜空でも哨戒する しかし僕は、まだ君がいるかもしれないこの世界なら生きてみようと決意します
しかし気になるのは「忘れてないさ 思い出せるように仕舞ってるの」 君がいなくなってしまい、独りになった僕は歩くことさえできないままで、 独りでなんでもできるなんて、孤独で潰れそうになった僕の吐いた妄想だったと気づいてしまいます
タイトルの「哨戒」という言葉は、敵の襲撃を警戒する、という意味合いがあります 全難易度のアップローダへは、ホームページへ戻るをクリックしてください
アスノヨゾラ哨戒班とは、君を見つけるためにアスノヨゾラ=未来を見て回るということなのではないでしょうか?. 「君」という人物の登場です しかし同年8月に『快晴』を投稿してから活動を休止
大サビ前のボーカルにはしっかりかけられていますが、それ以外のパートだとあまり聴こえません さて結局、少年は何を「哨戒」していたのでしょうか?歌詞を最後まで読んでみると、2つの意味合いが見えてきます
怖がっていても「月は沈み陽は登る」 しかもお試しの30日間は無料ですから、その期間で音楽や動画を全力で楽しみ、もしお金がかかるのがイヤだったら、解約してしまえばOK
8