当て 屋 の 椿。

竜胆に惚れているようで、彼女を侮辱したり口説いたりするものは許さない。

81
惚けたところのある明るい性格。 を舞台に、師である鳳仙と椿の周りで起こる怪奇事件を描く。 話の途中で唐突に終わったのは外部からの圧力ではなく、出版社側の自粛によるものでした。 実は島の出身である。 遺体が上がらず、鳳仙は彼女がまだ生きている、という夢を見ることを許されるが、その夢は後に別の事件で覚まされることとなる。 鳳仙と同じ長屋に住む巨乳美人。 「絵師の屋敷」編では白茅の絵を手に入れるため、秋海に襖絵を依頼し、萵苣を屋敷に潜入させた。 物言いが直情的。
17 27