クロロホルム。

無理に吐かせないこと 汚染容器及び包装: 容器は清浄にしてリサイクルするか、関連法規ならびに地方自治体の基準に従って適切な処分を行う
特に、ヴィクトリア女王への使用から急速に認知されていき、その後はヨーロッパでも外科手術に使える 麻酔剤として広まっていったとの事です 使ってはならない消火剤 火災が周辺に広がる恐れがあるため、直接の棒状注水を避ける
4匹は2-3週間で症状が消えたが、1匹は3週間後以降にも角膜混濁の症状が残った クロロホルムが発見されたのは1830年代のことで、有機化学の開祖の一人であるユストゥス・フォン・リービッヒほか、何人かの科学者が独立に、別々の方法でこれを見つけ出しています
症状が続く場合には、医師に連絡すること クロロホルム自体は、実際には多少吸引しても気を失うことはなく、せいぜいや、あるいはに襲われる程度である
以上、吸入経路では実験動物で母動物毒性が発現する用量で、奇形を含む発生毒性影響が認められていることから、本項は区分2とした : 1888 Proper Shipping Name: CHLOROFORM Class: 6. 呼吸器感作性 GHS分類: 分類できない データ不足のため分類できない
ただ問題は、当時は麻酔薬というものが存在しなかったため、患者は甚だしい苦痛に耐えながら手術を受けるしかなかったという点です 輸送に際しては、直射日光を避け、容器の破損、腐食、漏れのないように積み込み、荷崩れの防止を確実に行う
ただ問題は、当時は麻酔薬というものが存在しなかったため、患者は甚だしい苦痛に耐えながら手術を受けるしかなかったという点です UN No. 接触回避: 「10.安定性及び反応性」を参照
皮膚を流水、シャワーで洗うこと 最も重要な兆候及び症状: 5.火災時の措置 消火剤: 周辺火災に種類に応じて適切な消火剤を用いる
取扱い後はよく手を洗うこと 高い同位体純度を持つものはから合成される
また、結膜への軽微な刺激及び角膜の障害がみられたとの報告 EHC 163 1994 、NITE有害性評価書 2008 や、本物質は眼に対して刺激性を持つとの記載がある 産衛学会許容濃度の提案理由書 2005 、CICAD 58 2004 後で廃棄処理する
31

取扱い後はよく手を洗うこと。

直ちに医師に連絡すること。

屋外又は換気の良い区域でのみ使用すること。

眼の保護具 適切な眼の保護具を着用すること。

使用目的を明らかにした上で、再質問された方がよろしいのでは ないでしょうか? クロロホルムは 毒物劇物取締法で指定されている劇物です。

上述の通りクロロホルムには麻酔性があることは事実であるが、これを発現させるためには相当量を吸引させなければならない。

皮膚に付着した場合 大量の水で洗うこと。

新たな情報を追加し、区分を見直した。

気分が悪い時は、医師の手当て、診断を受けること。

24