井山 裕 太。

井山裕太說:「在七番棋上,不僅需要實力,體能和心態上也需要經歷考驗。

名人失冠以後すべての(七大)タイトルを防衛しての挑戦となった。
それは誰かというと… 「つぶやきシロー」さん 但是第4局和昨天這盤棋,我自己也覺得還是很滿意的
5月、博賽杯金仏山国際囲碁超覇戦(非公式戦)で李世乭、古力を破り優勝 第61期本因坊戦では九段・九段に勝利し最終予選進出
を下し初優勝 雖然在2019年沒有登上頭銜戰的舞台,但是全年勝率77. 出場、2回戦進出
平成生まれ初の棋士であり、ちょうどこの頃『』のが始まった時期でもあり、同番組の本編終了後のミニコーナー『梅沢由香里のGOGO囲碁』で免状授与の様子が特集されたほか、様々な新聞に取り上げられた (30歳)棋聖7連覇
(19歳)名人戦挑戦者(最年少記録) 2019年12月26日現在• 通常、A〜Cが次の着手点に挙げられるが、井山は白1と中央を割く一手を封じ手で放ち、この局を制した
47回秀哉賞 その翌年には、なんと連覇を果た話題になりました
富士通杯2回戦進出 互角の形勢で進んでいた中、黒1から黒5までが鋭い踏み込み
59
そして、たったの1年でアマ三段に。 戦挑戦者決定戦進出。 エピソード [ ]• 12月、第6回大和証券杯ネット囲碁オープン戦で張栩棋聖を破り優勝。 国民栄誉賞、棋道賞最優秀棋士賞• 代表局 [ ] 史上初の6冠達成 [ ] 第37期第6局。 史上二人目の 五冠となる。
89