シュア プラグ ad。

95

販売名:シュアプラグAD輸液セット 医療機器認証番号:225AABZX00142. テルモは2000年に閉鎖式輸液システム「シュアプラグ」シリーズを発売し、以来、医療現場のニーズに合わせて継続的に製品ラインアップを拡充してきました。

シュアプラグADprotect• また、1本の点滴ルートに複数のその他の点滴ルート、三方活栓や閉鎖式注入口など医療機器を組み合わせて、さまざまな薬剤を投与することも多い。

誤ったコネクタ外しの事例イメージ(出典:医療安全情報 No. これにより物品管理もしやすくなり、操作間違いなどのリスクの低減など、経済面、臨床面での価値をもたらすことが期待できます。

このたびの新製品は、意図しない接続外れが起きるリスクを減らすために、誤った外れ方をしない設計を施しました。

また、注射器や点滴器具を接続する際に通常用いる専用アダプターは不要であり、簡単かつ迅速に、そして確実に接続して薬液を注入できるようになった。

多くの診療科や部署を有する大病院では、点滴ルートのアイテム数は10を超えることもあり、部署ごとに異なるメーカー・仕様の物品を使用しています。

ハテナースの想い 看護師にとって、看護技術は覚えることも多くなあなあにしてしまいがちで、周りに聞きたくても聞きづらい状況にいる看護師も多くいます。

看護師全員に共通する全科共通をはじめ、呼吸器科や循環器科など各診療科目ごとに幅広いQAを扱っています。

23
さらに、接続時に点滴ルート内へ細菌が侵入するリスクへの対策も欠かせず、対策が必要とされてきた。 同シリーズには、静脈ライン用コネクタ(「シュアプラグAD」、「シュアプラグADマニフォールド」)や、輸液ポンプ用ストップコック(「シュアプラグAD三方活栓」)を構成品とする自然落下式・ポンプ接続兼用輸液セット(「シュアプラグAD輸液セット」)、延長チューブ(「シュアプラグAD延長チューブ」)がある。 テルモは、今後も医療現場のニーズを的確に捉え、医療の安全・安心を追求してまいります。 また1本の点滴ルートには複数のその他の点滴ルート、三方活栓や閉鎖式注入口(混注部)など医療機器を組み合わせ、様々な薬剤が投与されています。 輸液ラインを外す際、従来の閉鎖式コネクタでは、輸液ラインを外す際に誤ってコネクタも同時に外してしまうリスクがありました。 また、保持すべき箇所が一目で分りやすいように、デザインを工夫しています。 通常は、この製品に輸液ラインをつなげて薬剤を投与しますが、患者さんの着替えや入浴の際に一時的に輸液ラインを取り外します。 手術室や集中治療室では患者さんの体内に入る薬剤を微量でコントロールする場合があり、注入する際に点滴ルートの接続部にわずかに残留する薬剤の量も考慮する必要があります。 お客様都合による返品交換については受け付けておりません。
96