ライバルズ ソロ モード。

そのため、バトルが中盤~終盤へと進行していくほどにテンションアップの頻度が高まり、テンションスキルを撃たれる回数も増えていくという仕組みになっています。

第5章 闇に包まれし世界 15-9 ゲマ まぁまぁ正統派なボス。

相手の行動に左右されず、ダメージ軽減の効果も受けず、ただ自分がドローを進めていけば確実に勝利できるという安定感が魅力的です。
くもの大王を場に出してはぐれメタルのテンションスキルを封じる などを活用して時間を稼ぎつつ、ケトスではぐれメタルを倒しましょう。 第3章 全てを滅ぼすもの 9-7 デスマシーン テンションスキル使用時は特技効かないので注意 第3章 全てを滅ぼすもの 10-7 ドルマゲス 連戦。 そして4ターン目。 ドローして遅延してドルマゲス出してオーブ揃えて終わり! 勇者ソロからタバサとベラを各1ひっぱれるととても楽しいです。 テンションMAXの状態で後列に配置することで、敵ユニットを全滅させることが可能です。
20
未確認だが今回の新弾の3枚の英雄カードはどちらからも出る・・・かもしれない。 基本的なシステムはライバルズとほぼ同じで、ライバルズで手に入れていたカードについては今作でも以前までのルールに則って引き続き使用可能。 そこで起用するのはやはり アンクルホーンです。 そこでこのデッキでは、ウルノーガ&ウルナーガとばくだんいわを採用しています。 ステージ8 BOSS ハーゴン 第3章 ステージ9,10 通常戦• 進捗としてはドラゴンクエストライバルズエースの3章ハードのゾーマ目前まで踏破。 いずれも、ユニットの圧力で物理攻撃で攻めてくるタイプのモンスターです。 対戦相手は歴代ドラゴンクエストシリーズのモンスターなどで、デッキに組み込めるカードの枚数などに制限がなく、独自のテンションスキルを持つ者もいる。 攻略デッキ例 アンクルホーンを使った攻略デッキを2つご紹介します。 「きせきのつるぎ」でいい気もするが… まとめ• ステージ11 通常戦• ライデインを撃てば一掃できるのですが、勇者ソロを回してロトのよろいを入手し、ライデインを撃てるようになるまで4ターンはかかりますので、そこまで持ちこたえるための別の対策が必要です。
45