ジムニー ブローオフ バルブ。

ブローオフバルブは、ターボチャージャーの性能を最大限に発揮させ、また、ターボユニットの保護をしてくれる重要なパーツです。

この音については従来から気になっていたので、社外ブローオフバルブで解消されて非常に満足です。

それでもメールが届かない場合には、ご入力したメールアドレスに誤りがないか再度ご確認いただいた上、下記問い合わせフォームからお問い合わせをお願いいたします。

乗った感じ、体感は一切無しでした・・ ブースト圧が1キロ以上だと効果があるようですが・・・. しかしこの記事を書きながら調べていたところ、これらの必要部品をすべてセットにしたオリジナル商品がKプロダクツから安価に販売されていることに気づきました。

ただ、この不具合の解消だけであれば、社外ブローオフバルブでなくとも、純正の新品でも同じ効果が得られるでしょう。

さて、社外ブローオフバルブに関して僕は従来、正直なところただの飾り(大気解放音を出すためのアクセサリー)くらいに思っていました。

低速トルクがわずかに薄くなり、中高速ではパワーアップしたため、ただでさえピーキーなK6Aエンジンの出力特性がさらにピーキーになり、林道や雪道などスリッピーな路面では扱いにくさがあった• インタークーラーで冷却された空気をスロットルバルブを通して、エンジンルーム内に燃料と混ぜて(混合気)ピストン燃焼室へ送る。

これはターボエンジンならではの音であり、そんな音を出す仕組みが「ブローオフバルブ」と「ウェイストゲートバルブ」です。

ともあれせっかくの作業ですから、上記の問題点のすべてを改善すべく、作業していきます。

とりわけ音の問題は僕にとっては深刻でした。

音は完全に静かになり、吸気音はほとんど聞こえず、リサーキュレーションバルブの作動音もほぼ聞こえなくなりました。

() 僕と同じ仕様で装着を検討している方であれば、 Kプロダクツによる上記製品がおすすめです。

com」からのメールを受信できるよう設定の確認をお願いいたします。

これほどの性能向上があるなら、費用対効果の問題はあるにせよ、排気をエアクリーナーにリターンして消音しているような場合でも社外品に換装する価値は十分にあります。

純正エアクリーナーボックス再装着 リサーキュレーションバルブの作動音が大きすぎる問題、吸気が高温になる問題、出力特性がピーキーになる問題は、純正エアクリーナーボックスの再装着でクリアできるでしょう。

圧縮空気を開放することで、ブローオフバルブ特有の「プシューン」というような、大きな開放音が出るという特徴があります。

また音のほうも、耳を澄ませば聞こえる程度に吸気音が大きくなり、リサーキュレーションバルブの作動音も、小さいながら聞こえやすくなりました。

このように、同じようなイメージのウェイストゲートとブローオフですが、排気側、吸気側とそれぞれの働くフィールドが真逆だったわけですね。

41