クラッシャー バンバン ビガロ。

「プロレスを舐めるな!」という野次が飛び交いました。

北尾戦で敗れた後、リングから離れたところでヒラリと側転してみせたのは、便利屋扱いする関係者たちへのせめてもの反抗心の表れだったかもしれない。

「それらをすべて備えたプロモーターからもファンからも信頼されるレスラーというと、日本人なら、外国人ではクラッシャー・バンバン・ビガロあたりがその筆頭になるでしょう」 プロレスライター 頭頂部にまで刺青をほどこし、炎柄の全身タイツをまとった面妖な出で立ち。

やっぱりビガロはインタビューで「相撲よりもプロレスがあーー!」とか「プロレスの怖さをーー!」とか吼えた。

:2回 プレストン・シティ・レスリング• 謙虚さが欠けてたということです。

結局ゴタゴタ揉めて廃業して、プロレスに入って来たわけですけど、結果的に同じ事をしたということでしょうね。

63 57