ラズパイ ピン 配置。

82

Thonny IDEはRaspberry Pi OSのデスクトップ版には標準搭載されていますから、Raspbeery Piを使ってRaspberry Pi Picoにプログラミング、デバッグを行うということが想定されているようです。

プッシュボタンでLEDを操作• i2c0• USBキーボード、マウス: コマンドの入力に使用します。

Programming with GPIO It is possible to control GPIO pins using a number of programming languages and tools. LEDの例では、人間には気づかないほどの速さでON/OFFを繰り返すことで、人間には、半分程度の電圧がかかっているように薄暗く見えます。

また、補正定数は、0. プッシュボタンでLEDを操作 最後に、プッシュボタンに合わせて、LEDが点灯・消灯するようにします。

GPIOとして使うメリットは様々ありますが、シリアル通信で使えるピンは決まっているので、 GPIOとして使いたい場合は、 シリアル通信線の機能が割り当たっていないピンを使うべきです。

そこでラズパイは、簡単な配線で、このような使い方ができるように設計されています。

これで、部品にラズパイが追加され、ラズパイを含む回路図が作成できます。

3V・5Vなどと表記されます。

タクトスイッチ 押ボタンスイッチ• GPIOと接続する基盤の配線パターンが単純になる Arduinoシールドのように、GPIOに直接接続する基盤を設計するとします。

23