雑巾 縫い 方。

長女も、次女もとても不器用で上手くいきませんが、本人たちはすぐ 夢中に。 今回は、 簡単にフェイスタオルから2枚作る雑巾の縫い方とステッチについてをご紹介します。 耳の部分は厚さがあるので縫いにくいのと雑巾にした時に乾きにくくなるため、この部分は切り落してしまいます。 5 縦横にマス目になるように縫います。 でも、硬く絞りすぎると、雑巾の水分がなさすぎて、全然ゴミやホコリが吸着しなかったり、すぐにカラカラに乾いて何度も濡らさなきゃいけなかったり・・・ これではとっても 時間がかかっちゃいますよね。 堺に沿ってまっすぐカットしましょう。 縫い方は、波縫いでOKです。 ざっくりの目でかまいません。

半分に、ザックリと切ります。

さしこの柄を、鉛筆で書き入れます。

切ったとたんに切れ端が毛羽立つのでいつも掃除機を用意したり埃がつきにくく目立たない服を着たらよかったなと後悔していますので参考までに。

3 糸の端に玉結びをつくり、目立たない場所から針を入れ、端から並縫いします。

いらなくなった布や端切れを使ってモチーフやオリジナルの印をつける事で普通の雑巾とは違う、かわいい雑巾も作れます。

地味に忘れそうになるけど、雑巾を持たせないといけませんよね。

このテクニックで雑巾を何枚も使うのが嫌だったら、雑巾を 三つ折りにしてはしっこの一折分だけ濡らすのもオススメ。

糸が何色かあれば、見た目も楽しくキレイにできます。

雑巾を手縫いするなら、模様を入れてみませんか せっかく自分で雑巾を作るのなら、市販の物とは少し差をつけてみてはいかがでしょう。

先程縫って囲まれた長方形中にリボンの形を描くように、対角線の角から角へそしてもう一度真っ直ぐ縫い、次に反対の対角線の角から角へ、そして最後にスタート部分に戻るように縫ってください。

69

このステッチも、普通の並み縫いでOK。

ただし、細かい柄や縫い目が偏らないように気をつけます。

手縫いや、ミシンのどちらでもオッケーです。

そんな時に、ミシンは出したくないけれど、 少しでも早く作りたくてこの作り方になりました。

生地が固くなり、絞りにくくなるからです。

かと言って、あまりにも水分の多い雑巾を使うと、床や棚もびちょ濡れで、全然 乾かない。