鬼 滅 の 刃 無 一郎 漫画。

最強の鬼との遭遇 ついに無限城での戦いが始まり、辛くも次々と上弦の鬼を倒していく炭治郎たち鬼殺隊。

茫洋とした性格で、炭治郎がされるかどうかという「柱合裁判」の緊迫した場においてさえ、「あの雲の形、何て言うんだっけ」などと関係ないことばかり考えており、「すぐに忘れるから」という理由で炭治郎達の処遇については興味のなさそうな様子であった。
悪意は一切無い。 無一郎から見た行冥の印象は 「熊みたい。 まだ幼い子供のような表情でボーーッとしています。 落差がすごいですね… 名言20:もし仮に末裔であったとしても何百年も経ってたらお前の血も細胞も俺の中にはひとかけらも残ってないよ 無限城で黒死牟と対面し、黒死牟の子孫であることを知った無一郎。 時透がいたからこそ柱稽古が行われ、痣者が増え、柱以外の全体の戦力も上がった。 岩柱・悲鳴嶼と風柱・不死川の猛攻により、かなりピンチに陥ってしまった黒死牟は、体中から無数の刃を出現させました。 積怒は「空喜の足」「儂と同じ細胞の肉、雷を通さない」「この小僧勘がいい、戦いの機転がきく」と考えていた。 無一郎は黒死牟の脇腹に刀を刺していたため、避けられず胴が真っ二つに割れてしまいました。
49 15