池田 大作。

創価学会の幹部らは、池田大作の体調を問うメディアのインタビューに「 会長は元気である」と答えています。 創価学会では、初代会長の牧口常三郎、2代目の戸田城聖、3代目の池田大作の3人を「永遠の指導者」とし、中でも創価学会を世界規模にした池田大作は、 史上最高のカリスマと言われます。 池田大作がこのような授賞を得る度に創価学会の機関紙である「聖教新聞」は一面を使い、池田大作の功績を大々的に報道してきました。 ロシア3回• さて、それはともかく。 これにより任期終了と共に池田が法華講総講頭の資格を自動的に失う。 とんでもないカネがブラジルに集まった。 だが問題なのは、池田大作が公から姿を消した後も、本部は「健在」をアピールしつつゴーストを続けており、それが創価学会、ひいては公明党という与党にまで多大な影響を与えているという事実だ。
12
確かにその通りだと思います」 試しに名誉会長の自宅の不動産登記簿を取ってみても、所有者はご本人のままで変わりなかった 12月 アメリカの世界的経済誌『』(Forbes、2004年12月27日号)は、2004年9月6日号に「先生の世界」(「Sensei's World」)と題して、池田及び創価学会に関する記事を特集し掲載
ここで気になるのがもしも池田大作が死んでいたらなぜ公表しないのか?ということが気になるのでそのことについて調べてみました 「原田会長や長谷川理事長ら数名しか会うことができず、本当の状態はトップシークレット
次は、このテロ犯罪が社会問題になり、解散か分裂へ猛烈なスピードで向かうこと必至です 1964年より衆議院選挙への進出を発表
池田氏が最後に公の場に現れたのは、米大学からの博士号授与式典に出席した2010年の11月 そういえば統一教会もその資産をブラジルに預けている
これは部落差別ということで同和問題につながりますね 創価学会が得意としている、信者や一般個人を悪者に仕立て上げて集団で攻撃するあのやり方で、一般市民の方をスケープゴートにして、大がかりな宣伝を始めます
21