京都 府 福知山 市 コロナ。

管理監督責任があるとして上司4人も戒告とした。

京都府内においても感染が続いている状況であり、市民の皆さんには引き続き「新しい生活様式」の徹底や感染予防と拡大防止に努めていただきますようお願いします。

先週になり、文部科学省が「新型コロナウイルス感染症に対応した臨時休業の実施に関するガイドライン」を改訂し、京都府が学校教育活動の再開に向けた方針を発表したことを受けて、小中学校を暫定的に再開することといたします。

一方で、この新型コロナウイルス感染症との闘いは、残念ながら現状においては終息の時期を見通すことはできず、長期にわたることが予想されています。

残念ながら、このウイルスとの戦いは5月31日で終わるわけではありません。

さらに本日は、1日あたりでは過去最多となる5人の方の感染が発表されました。

非常勤特別職として委嘱する。

今回、一部施設は再開いたしますが、ウイルスとの戦い、withコロナの状況はこれからも続いてまいります。

また、市及び市の関係機関に限らず、会議、集会、イベント等の開催にあたっては、「3つの密(密閉・密集・密接)」を徹底的に回避していただきますようお願いいたします。

69
しかし、濃厚接触者を見つける上で気になることがあります。 本市においては、4月以降、10歳未満、10代も含め感染が急拡大し、この間、京都府の医療提供体制の中で、一時は、市民40数名の感染者が自宅療養になるとともに、本市市内はもとより中丹地域全体のコロナ対応病床でも、入院が必要な感染者の受入が困難になる可能性も生じている状況であったと伺っております。 4月に入り、これまでにないペースで感染者が急増しています。 本市としては、その状況を踏まえ、基礎自治体として取りうる対応として市所管公共施設の休館等の措置を行いました。 本市は、常に市民の皆さんとともにいます。 昨春の緊急事態宣言以降も近畿圏からの移住が多い傾向は変わらないが、19世帯のうち少なくとも5世帯は、コロナがきっかけで都会を離れて地方へ移住したいという理由だった。 本日確認された方々は、府内2316例目(京都市保健所管内)の接触者で、うち1名は市立保育所の児童でした。 あわせて、京都府から、多人数での会食の自粛、10名以上が集まる集会・イベントへの参加も避けて頂くことも要請されています。
61